割烹料亭ふじむら 女将さんのひとりごと
 
home
お店のご案内
お献立
貸切バス・ツアー企画
耳寄りなお話
大将・女将のひとりごと
アクセスマップ
お問合わせ



   
大将・女将のひとりごと

手紙
◆願い
 作成者: 女将

スナックを営んでいた古くからの友人が店をたたんだという・・・
理由は詳しくはわからないがとても残念に思う

往年はとても楽しい店だった
ご夫婦でやっていらして、売りはマスターのトークと、気の利いたカクテル
カラオケは置かず話術で楽しませる数すくない店・・・
奥さんもチャキチャキした方で、何かとさばけていてマスターをバックアップしてがんばっていたはずなのに何故と思う
よく夫婦げんかもされていたがひとつはそれがネタのようなところがあった
口げんかでは収まらず時にはマスターが額にバンソウコウを×印に貼っていたりもした
お客さんは明日はわが身かも、と自分に置き換えながら、またそれが話の種になり楽しかった
ネタにして恐縮だったが、笑うという事がいかに精神的に良いかは、彼のお店でひと時を過ごしたあと何となくスカッと頭の中がしていることに気づくことで再認識させられたもの・・・

カクテルの腕と楽しいトーク、
いつの日にかまたそれを活かせるときまで、大切に暖めていてほしいと切に願う

手紙

コメントしてください。
名前
メールアドレス
URL
保存しますか?
コメント


もとのページへ

 

ページのTOPへ

 
割烹旅館ふじむら
北九州市若松区脇田 TEL:093-741-2216 / FAX:093-741-2473
お問合わせ:フリーダイヤル0120-246043
footer
Copyright(c) 2005 割烹旅館ふじむら. All Rights Reserved.