割烹料亭ふじむら 女将さんのひとりごと
 
home
お店のご案内
お献立
貸切バス・ツアー企画
耳寄りなお話
大将・女将のひとりごと
アクセスマップ
お問合わせ



   
大将・女将のひとりごと

手紙
◆レッツ・トライ
 作成者: 女将

このところ,黒や紺色の濃い色の着物ばかり着ております。なぜなら淡い綺麗な色の着物は似合わなくなってしまった気がするからです。この冬、体重を更新し少し育ってしまった私は、黒や紺の引き締め色しか着られなくなり残念な思いです。
 私にとっての着物は仕事の為のもの、動きやすいということが第一条件になります生地や仕立てにより微妙に動きやすい動きにくいということがでてきますが、店の中を1階から3階へと走り回る私には、しなやかに身体についてきてくれる軽やかな生地のほうが着心地がよいようです。そして着物もまた日常のものは洋服と同じくシンプルイズベストでしょうか?
シンプルな着物にその日の気分で帯を合わせ帯揚げや帯締めで味付けをいたします。こうすると幾とおりにも雰囲気が変えることができます。着物が派手で自己主張をしすぎると、帯あわせや小物もむずかしくなりますし、印象が強すぎては何度も着られず飽きもきやすいものです。
 美しい民族衣装である着物は矯正下着も何もいらず日本女性をスラリと見せてくれます。若い女性から年齢を重ねた方まで美しくしとやかに変身させてくれるのですから利用しない手はありませんね。ただしどんな体型もスラリというわけではありません。洋服も着物も体型の自己管理は必修となります。
私も日常生活を顧みて反省しつつ、春までには明るくきれいな着物が着られるよう、秘かに体型管理にレッツ・トライという訳です。

手紙

コメントしてください。
名前
メールアドレス
URL
保存しますか?
コメント


もとのページへ

 

ページのTOPへ

 
割烹旅館ふじむら
北九州市若松区脇田 TEL:093-741-2216 / FAX:093-741-2473
お問合わせ:フリーダイヤル0120-246043
footer
Copyright(c) 2005 割烹旅館ふじむら. All Rights Reserved.