割烹料亭ふじむら 女将さんのひとりごと
 
home
お店のご案内
お献立
貸切バス・ツアー企画
耳寄りなお話
大将・女将のひとりごと
アクセスマップ
お問合わせ



   
大将・女将のひとりごと

手紙
◆ピッカピッカのランドセル
 作成者: 女将

そろそろ卒業や入学のシーズンですが、ふじむらでもフロント係のIさんの息子が今年は小学校へ入学するのです。
 Iさんがふじむらで働くようになったきっかけは彼女のお父さんと私共が親しかったことからでした。彼女は当時23歳、前年にお母さんを病気で亡くされておりました。母親を亡くした年頃の娘を知り合いに託したい・・・という気持ちがお父さんにはあったようです。Iさんは仕事にもすぐ慣れてふじむらにはなくてはならない人となりました。温厚な人柄、丁寧な応対、几帳面な事務処理能力など的確でそれ以来いつも変わらずに頑張ってくれております。しかし便利重宝に彼女に働いてもらってその結果、「ああ~とうとう、嫁にいかんやったね」ということになってはいけないと肝に命じておりました。私の使命はお父さんから預かったIさんを適齢期に嫁がせる事だと知っておりました。
Iさんにはいつも結婚について
「乗るべき電車が来た時には見送らないで乗ってみるものなのよ・・・」とか
「もとめよ、さらばあたえられん!自分が求める気持ちがないといかんのよ・・・」
などと話して聞かせておりました。
幸い、縁あってよき人にめぐり会い結婚・・・私は使命を果たし安堵したのでした。
その後ふたりの男の子にも恵まれ、堅実でしあわせな家庭を築いております。結婚、出産後も勤めてくれて現在に至っております。その息子がもう小学校へ入学といいますから月日のたつのは早いものですね。出産の折、彼女のお父さんと分娩室のドアにで耳を押し付け、今か、今かと産声を待ち「おぎゃー」と聞こえた時、ふたりでにっこり笑ったのは昨日のことのようです。

ランドセルは一族郎党で「大安吉日」に買いに行ったというから思わず笑いました。私はそんなことを考えもしませんでした。自分の子供の時は忙しくない暇な日に買いに行きましたもの。さてはめざすは東大かハーバードか?
そうなんですね「大安吉日」を選んで学業成就の願いを込めんといかんのです。
(しかしうちのスッタフのなかには「大安吉日より、バーゲンの日がいいんじゃないの」などというふとどきな声も・・・・)
学業成就の願いを込める事が親の真摯な姿勢なのだと・・・わたしは遅まきながらIさんから学びました。・・・がしかし、時すでに遅し・・・ わが娘はとっくに大きくなってしまいました。残念!

「大安吉日」に選ばれた、ピッカピッカのランドセルはIさんの息子に背負われる日を今、静かに待っております。桜の花の咲くその頃を私たちも楽しみにして・・

手紙

コメントしてください。
名前
メールアドレス
URL
保存しますか?
コメント


もとのページへ

 

ページのTOPへ

 
割烹旅館ふじむら
北九州市若松区脇田 TEL:093-741-2216 / FAX:093-741-2473
お問合わせ:フリーダイヤル0120-246043
footer
Copyright(c) 2005 割烹旅館ふじむら. All Rights Reserved.