割烹料亭ふじむら 女将さんのひとりごと
 
home
お店のご案内
お献立
貸切バス・ツアー企画
耳寄りなお話
大将・女将のひとりごと
アクセスマップ
お問合わせ



   
大将・女将のひとりごと

手紙
◆チョコレートが特効薬?
 作成者: 女将

元気と丈夫が取り柄のわたしも、この冬はウィルスに負けてしまい一月にインフルエンザそして二月に入ってからはウィルス性腸炎と続けて罹患してしまったのです。インフルエンザは熱は出なかったのですが体のだるさや節々の痛さ、せき、悪寒などと・・・。久々の病気体験でして、つくづく健康な日々のありがたさを思った次第です。

何とか回復してからもボーっとしてすっきりしないと思っておりましたら強烈な腹痛と食欲減退.・・・そして嘔吐・・・こんなことはまずありえませんので家族から「食道ガン?」か「胃ガン」か?などと心配され自分もその気になって暗い気持ちで病院へ行きました。

そうしたら先生の所見は「インフルエンザで免疫力が弱くなっているところへウィルス性の腸炎にかかったのでしょう!」ということでした。薬をいただいてちょっと安心。しかし吐き気がこわくてしばらく食事ができずやはり体調はイマイチ。  そんな時たまたま一口サイズの生チョコをいただいたのです。小さなチョコを夕食がわりに口の中でゆっくりと溶かします。一つまた一つと・・・。

なんと翌朝私は以前のように元気になっておりました。チョコレートで回復するなんてこんな経験は初めてでした。身体がやっとしゃんとしたという実感がありました。ここ一ヶ月くらいの不調がぬぐわれた感じがしてスッキリ! そういえば山で遭難したときにチョコレートを食べていて助かったという話しも聞きましたね
高カロリーと程度なカフェインなどが良いのでしょうか?詳しくはわかりませんが新発見です。特効薬を見つけたというところ、しかし食べすぎには注意ですヨ。なにしろ高カロリーですから。

手紙

コメントしてください。
名前
メールアドレス
URL
保存しますか?
コメント


もとのページへ

 

ページのTOPへ

 
割烹旅館ふじむら
北九州市若松区脇田 TEL:093-741-2216 / FAX:093-741-2473
お問合わせ:フリーダイヤル0120-246043
footer
Copyright(c) 2005 割烹旅館ふじむら. All Rights Reserved.