割烹料亭ふじむら 女将さんのひとりごと
 
home
お店のご案内
お献立
貸切バス・ツアー企画
耳寄りなお話
大将・女将のひとりごと
アクセスマップ
お問合わせ



   
大将・女将のひとりごと

手紙
◆女将さんを楽しむ
 作成者: 女将

先日どこか、懐かしいお声のお電話がかかってきました
「Nと申しますが,女将さん覚えていらっしゃいますか?」と・・・。


私はお声とお名前に何人かの「N様」のお顔がうかびましたが、瞬時には特定できなかった・・・
が・・・数秒後、あっあの「N様」だわと確信!


「すごく楽しいご宴会をなさっていらしたNさまですよね。思い出しました」と申し上げましたら
久しぶりですがと予約を下さいました   転勤で遠方に行かれほんとうにお久しぶりでした   

女将冥利につきるとはこのことですね ありがたいものです


数日後ご来店下さったN様は少しもお変わりになっていらっしゃらなくてジョークも沢山!
やはり楽しい明るい性格、御宴会のあいだずっと笑い声がしていて皆様とても楽しそう!
おかげでわたしも至福の時間・・・お人柄やお心にふれ、温かいものを感じるすてきな時間でした
人の機微にふれるって満足する良い時間・・・

N様がお顔の色もよくつやつやなので「なにかなさっていらっしゃるのですか?」
とおたずねしてみましたそしたら
「歳のせいか朝早く目が覚めるんです。それで歩いているんですよ」と・・・
しかもそれが60分から90分歩いているということですのですごい!
「でも、腹はメタボよ!」と笑っていらっしゃいました  

歩くってとても良いことなんですね
(しかしメタボのお腹は筋トレしかない・・・)


お見送りし、かたずけも終わりスタッフも帰って全部仕事が終ったあと、
こんな夜はちょっと飲みたくなるのです

どなたかと今夜の話をしたくなる・・・

そうは言っても真夜中・・・結果・・・いつもひとりで余韻を楽しむ私になる訳です・・
まあ・・・いいか・・・ひとりでもと・・・

少量のアルコールが私を酔わせ、満ち足りた気持ちをしっかり味あわせてくれる大好きな時間です

しかし明日のことを考えるとひたってばかりはいられない

至福の時間はAМ1:00を持って終了
厳密にはもう明日が始まっている・・・・  
また明日も頑張る「由紀子」さんになるのだから  もうお休みなさいなのです


 

手紙

コメントしてください。
名前
メールアドレス
URL
保存しますか?
コメント


もとのページへ

 

ページのTOPへ

 
割烹旅館ふじむら
北九州市若松区脇田 TEL:093-741-2216 / FAX:093-741-2473
お問合わせ:フリーダイヤル0120-246043
footer
Copyright(c) 2005 割烹旅館ふじむら. All Rights Reserved.